スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C&Sオリジナル帆布・ブルーでトートバッグを作りました。

ごぶさたしております。
早いもので今年もあと2ヶ月。
少しずつ冬の気配を感じている今日この頃です。

ソーイングのほうは夕食の片付けを終えてから、
こつこつとやっています。
チュニックやブラウスなど、いろいろなパターンに挑戦しているのですが、
途中で似合わないことに気がつきそのまま放置…。
そして、結局はいつものパターンに戻るという堂々巡りをしています。

そんななか、昨日は気分転換に、
バッグを作りました。


IMG_1452_convert_20121102201315.jpg


生地 チェック&ストライプ オリジナル帆布・ブルー
パターン 手持ちのバッグを元に自作

このブルー、とてもきれいです。
黒やグレーが多くなりがちな冬の装いに華を添えてくれます。
昨夜の日本シリーズを観てから、せっせと作りました。
(日ハムが負けた悔しさを紛らわせるため?・笑)

同じくC&Sの黒いタグをつけたので、
今年の春にマリメッコでうっかり買いそうになった
ブルーのミニトートみたいになりました。
でも、好みの大きさにしたので使い勝手のよさは実物より上です~・笑

帆布のバッグは前にも作ったことがありますが、(ネイビーとカーキで)
今回は特に持ち手を丁寧に作ってみました。

先日のNHK「素敵にハンドメイド」で、
バッグ作家の皿海佐多子さんが、
丁寧に丁寧に帆布のトートバッグを作られていて、
なかでも持ち手の縫い付け方は「なるほど~」の新発見でした。
これならきれいに持ち手がつけられる、と自信がついて、
さっそくその通りにやってみたのです。

素敵にハンドメイド…
前回の「ゆったりプルオーバー」編が少々がっかりだったので、
正直期待していなかったのですが、
帆布のトート編はとても参考になりました。
「丁寧に作る」という姿勢の大切さが伝わってきました。
作家さんはやっぱりこうじゃないとねぇ。


IMG_1460_convert_20121102201353.jpg


生地がしっかりしているから自立します。
厚手なのに家庭用ミシンでもすいすい縫えました。
ほかにもきれいな色があったので、
買っておけばよかったなあ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。